いじめ調査とは

いじめ調査

お子さんがいじめにあっていないか気になるときには、いじめ調査を行ってみるとよいでしょう。
いじめ調査は、探偵や興信所に依頼することで行うことが可能になっています。
まず調査では、お子さんにばれないように鞄に発信機能のある機器を取り付け、その行動範囲を把握することから始めていきます。
行動を把握することにより、寄り道をしていないかわかるようになってくるのですが、通常の範囲外まで行動範囲が広がっている場合には、いじめにあっている可能性も出てくるのです。
また、行動を詳しく知ることにより、尾行を行う際に役立ってきますので、まずは行動ついて調べていく必要があるのです。
詳細な行動範囲について把握した後には、調査員が尾行を行い、いじめの証拠を残していくことになります。
いじめにあっていると訴えても、その証拠がなければ加害者の親や学校側に納得させることができません。
写真や映像によって、その証拠を押さえていくことにより、万が一学校や加害者側がいじめを認めないとき、認めさせる材料とすることができるのです。
また、その行動が悪質であった場合、責任を取らせるために裁判にかけるケースも出てくるのですが、その際にも写真や映像が何よりの物証となるため、裁判を有利に進めていくこともできます。
お子さんに何か変わった様子が認められた時には、家族内で解決しようとはせず、専門家の力を借りることも重要になってきます。
探偵などの専門家は、問題解決の手助けとなってくれるでしょう。

いじめの証拠集め
いじめの証拠集め@子供のいじめは確かな証拠で早期問題解決
いじめの証拠